西武 拙攻で逆転負け

[ 2010年3月21日 18:50 ]

 【西武1-2ロッテ】西武は二回に片岡の適時打で先制したが、後が続かなかった。11残塁の拙攻が響いて、逆転負けを喫した。

 先発の帆足が7回2失点と試合をつくっただけに「打つ方がいいところで点を取れれば、変わってくる」と渡辺監督。追加点が奪えなかった打線について、指揮官は「チャンスはつくるけど、もう一本が出ない。こういうときはあるから、我慢してやっていかないと」と、さばさばした口調で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース