小笠原“シーズン任せろ!”のナイスピッチ

[ 2010年3月21日 17:13 ]

ヤまずまずの投球を見せた中日・小笠原

 【オープン戦・中日2―2ヤクルト】中日の小笠原が開幕前最後の登板でまずまずの投球を見せた。

 1回に先頭打者の四球と連打などで1点を失い、オープン戦の連続無失点は12回で途切れた。だが、試合中に捕手の谷繁から「頭が突っ込んでいる」と指摘されてフォームを修正。2回以降は連打を許さず、7回途中までを2失点でまとめ「立ち直って、自分の感覚で投げられた」と話した。
 安定感が持ち味のベテラン左腕は先発枠入りが確実。「開幕で(メンバーに)入れたら、1年間1軍にいるように」と目標を掲げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース