金子 志半ばで旅立った後輩に捧げる開幕完封

[ 2010年3月21日 06:00 ]

オリックス・金子は勝利の瞬間、ガッツポーズ

 【オリックス1―0楽天】圧巻の投球だった。2年ぶりに託された開幕戦の大舞台で、チェンジアップや得意のカーブを効果的に織り交ぜ、散発4安打、無四球の106球で締めた。

 「硬くなったのは最初の1球だけ」。プレーボール直後の初球を中前打されたが「逆にあれで落ち着けた部分がある」とそこから打者9人を連続で打ち取った。
 試合前にキャンプ中に転落死した小瀬浩之外野手のロッカールームの前で立ち止まった。「行ってくるな」。志半ばで旅立った2歳下の後輩と一緒に戦う思いを新たにした。終盤の7回。1死一塁で4番・山崎を迎えた。フルカウントからの8球目を投じる直前。この試合初めてマウンドに駆け寄った捕手・日高に自ら決め球を告げ、勝負球に選択したチェンジアップで空振り三振に仕留めた。
 リーグを代表する岩隈に投げ勝ち「自分のしたい投球に近い。出来過ぎです」と充実感にあふれた笑みをこぼした。

 <大引、千金打に興奮>大引が貴重な1点を叩き出した。3回1死三塁から中前適時打を放った殊勲の9番打者は「相手もいい投手で、チャンスボールは少ない。何とか食らい付いて走者を還そうと思った」と興奮気味に語った。今春キャンプでは打撃改造に取り組み、バットを振り続けた。努力が実を結んだ25歳は「やるべきことをやってきた。自信を持って臨めた」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月21日のニュース