ブラウン監督無念…投手戦金子攻略できず零敗

[ 2010年3月21日 06:00 ]

打線が抑え込まれ、さえない表情の楽天・ブラウン監督

 【楽天1―0オリックス】ブラウン新監督の初勝利はお預けとなった。

 直球と変化球を両サイドに投げ分ける金子を攻略できず、零敗を喫した。9回無死一塁では、1番・聖沢の初球にバントのサインを出したが、2球目以降は強攻策に転じて最悪の二ゴロ併殺。采配が完全に裏目に出た指揮官は「ホームであればバントを命じる場面だが(裏に守りのある)ビジターの試合は常に勝ち越しを狙わないといけない」と説明した。それでも広島で指揮を執った4年間は開幕戦で3勝1分けと無敗だっただけに、無念の表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年3月21日のニュース