萩野公介「全力で五輪頑張れた」 卒業後も応援してくれた学校に感謝 東洋大OB表彰

[ 2021年10月24日 14:16 ]

競泳の萩野公介
Photo By スポニチ

 東洋大は24日、東京五輪に出場したOB・OG選手らの表彰式・報告会を白山キャンパスで行った。東京五輪限りで現役引退する意向の萩野公介(27=ブリヂストン)は「東京五輪は自分が納得する結果というものではなかったが、1本1本を大切に全力で泳ぎ切ることができた」と大会を振り返った。「それも在学中、卒業後もたくさん応援してくれる東洋大のおかげだと思っている。本番でも温かい気持ちが届いていたのでそのおかげで全力で頑張れた。後輩やOB・OGも頑張っているので引き続き応援してほしい」と感謝の言葉を口にした。

 競泳女子個人メドレー2冠の大橋悠依(26=イトマン東進)は「5年前のリオデジャネイロ五輪では萩野選手、陸上の桐生選手ら東洋大の選手をテレビで見ていた。5年経って、自分が表彰されてうれしい。この賞を励みに頑張りたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月24日のニュース