シオノギ製薬は接戦落とす 古藤の2打席連続本塁打も空砲…「最終戦はチーム全員で1勝を」

[ 2021年10月24日 05:30 ]

日本女子ソフトボールリーグ   シオノギ製薬3ー4太陽誘電 ( 2021年10月23日    パロマ瑞穂 )

<シオノギ製薬・太陽誘電>2打席連続ホームランを放ったシオノギ製薬・古藤(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 <シオノギ製薬>3番・古藤の2打席連続本塁打で1点差まで詰め寄ったが、追い上げはそこまで。古藤は「1打席目に自分のタイミングで振れなかったので、軽いバットに替えて思い切り振りました」と振り返った。4回の左越えの一発は風にも助けられたが、6回の中越え2ランは手応え十分。ただ、リーグ戦初の2打席連発も悔しい敗戦に「最終戦はチーム全員で1勝を挙げたい」と白星締めを誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年10月24日のニュース