アイスダンス小松原組 シーズン初戦RDは63・56点「ここから良くなる」 スケートアメリカ

[ 2021年10月24日 06:42 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第1戦・スケートアメリカ第2日 ( 2021年10月23日    米ネバダ州ラスベガス )

スケートアメリカ アイスダンスのリズムダンスで演技する小松原美里、尊組(AP)
Photo By AP

 アイスダンスのリズムダンス(RD)が行われ、夫婦カップルで全日本選手権3連覇中の小松原美里、尊組(倉敷FSC)は63・56点をマークした。

 北京で開催されたアジアンオープントロフィーを欠場したため、これがシーズン初戦。普段以上の緊張感に包まれる中でも息の合った演技を披露し、観衆からの大きな拍手を浴びた。

 演技後のオンライン取材で、収穫と課題を口にしつつ「一番最初の大会。ここから良くなるしかない」と語った美里。尊は「緊張があったけど、一緒に滑りながら楽しい気持ちを伝えられたかなと。もっと頑張りたい」と続けた。

 アイスダンスのフリーダンス(FD)は、日本時間25日の午前3時18分から行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月24日のニュース