×

ブルズが5季ぶりの開幕3連勝 バックスは2勝目 五輪代表組が活躍

[ 2021年10月24日 14:53 ]

抱き合って喜ぶブルズのデローザン(左)とボール(AP)
Photo By AP

 開幕5日目を迎えたNBAは23日、各地で8試合を行い、ブルズは地元シカゴ(イリノイ州)でピストンズを97―82(前半54―43)で下して5季ぶりとなる開幕3連勝。開幕3連敗を過去4季で3度喫していたが、今季はこれまでと違った滑り出しを見せている。

 ブルズでは東京五輪に米国代表として出場して金メダルを獲得したザック・ラビーン(26)が14得点にとどまったものの、スパーズから移籍のデマー・デローザン(32)がチーム最多の21得点。昨季途中でマジックから移籍してきたセンターのニコラ・ブーチェビッチ(30)も15得点と19リバウンド、3スティール、4ブロックショットを記録した。

 昨季のファイナルを制したバックスは敵地サンアントニオ(テキサス州)でスパーズに121―111(前半56―52)で勝って2勝1敗。ファイナルでMVPとなったヤニス・アデトクンボ(26)は21得点と8リバウンド、8アシスト、3ブロックショットをマークした。東京五輪の米国代表だったクリス・ミドルトン(30)とドリュー・ホリデー(31)も28得点と16得点。五輪で米国代表監督を務めたスパーズのグレグ・ポポビッチ監督(72)の前でバックスの勝利に貢献した。

 トレイルブレイザーズは地元ポートランド(オレゴン州)で昨季のファイナルに出場したサンズに134―105(前半67―47)で快勝して1勝1敗。ピストンズ時代の2004年のファイナルでMVPとなっているチャンシー・ビラップス新監督(45)は、マーベリクスのジェイソン・キッド新監督(48)同様、2戦目で初白星を挙げた。

 トレイルブレイザーズはこの試合で計94本のフィールドゴール(FG)を試みたが、53・2%に相当する50本が3点シュートでそのうち21本を成功。11本中6本を決めたC・J・マッカラム(30)が両チーム最多の28得点をマークしている。

 <23日の結果>
*キャバリアーズ(1勝2敗)101―95ホークス(1勝1敗)
*ペイサーズ(1勝2敗)102―91(延長)ヒート(1勝1敗)
マーベリクス(1勝1敗)103―95*ラプターズ(1勝2敗)
*ブルズ(3勝)97―82ピストンズ(2敗)
*ティンバーウルブス(2勝)96―89ペリカンズ(3敗)
バックス(2勝1敗)121―111*スパーズ(1勝2敗)
*トレイルブレイザーズ(1勝1敗)134―105サンズ(1勝2敗)
グリズリーズ(2勝)120―114*クリッパーズ(2敗)
 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月24日のニュース