ジョセフ日本、善戦で喜ぶ時代は終わった 規律乱れ反則14個に指揮官嘆き「よくなかった」

[ 2021年10月24日 05:30 ]

ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2021   日本23-32オーストラリア ( 2021年10月23日    大分・昭和電ド )

<日本・オーストラリア>後半、スクラムで攻め込まれる日本の選手たち(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 日本は反則14個に泣いた。

 13―17の後半2分、密集で不用意な反則を取られたことが起点となり、トライを奪われた。WTBレメキの一時退場中にもトライを奪われ、反撃ムードが一気にしぼんだ。

 ジョセフHCは「規律がよくなかった。このレベルで17回の反則(公式記録は14回)とイエローが出ると…」と嘆いた。

 前半にNo・8姫野がジャッカルを決めるなど、チームとして肉体バトルでは互角。それでも、プロップ稲垣は「負けたんでいいゲームじゃない」と辛口だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月24日のニュース