丹羽、高校生に完敗 臨戦過程工夫も「調整できない」と落胆

[ 2020年1月19日 05:30 ]

卓球 全日本選手権第6日 ( 2020年1月18日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

準々決勝敗退となった丹羽(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 東京五輪代表の丹羽は準々決勝で高校生の戸上にストレート負け。「相手のチキータが良くて対応しようとしたけど、うまくできなかった」と淡々と振り返った。

 全日本の決勝進出は優勝した13年が最後。今大会に向け年末年始を休むなど、臨戦過程を工夫したが「やっぱり苦手です。国際大会が続いてくる中で入ってくるので調整ができない」と肩を落とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース