徳勝龍 近大・伊東監督に捧ぐ会心の白星「卒業しても気にかけてもらった」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

大相撲初場所7日目 ( 2020年1月18日    両国国技館 )

琴恵光(手前)を寄り切った徳勝龍(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 近大出身の徳勝龍が琴恵光を寄り切って1敗を維持した。左四つから胸を合わせて一気に出る会心の取り口に「差し負けないように行った」と振り返る。

 伊東監督の訃報は朝に知ったそうで、先場所は西十両筆頭で8勝7敗の成績に「再入幕できるかどっちだ?」と連絡があったという。「卒業しても気にかけてもらえる。大学に入ってなければプロに行ってなかった」と指導に感謝していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース