中高からコンビ 三部・及川組が初V「日本一になれてうれしい」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

卓球 全日本選手権第6日 ( 2020年1月18日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

優勝を飾った及川(右)と三部(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 青森山田中時代からチームメートの男子ダブルス三部・及川組が、あうんの呼吸で高校生ペアとのフルゲームの接戦を制した。

 三部は同じく中、高の先輩だった森薗(BOBSON)と過去2度の優勝経験があるが、同級生との初頂点に「中学からの仲間と日本一になれてうれしい」と笑顔。及川も「コンビネーションが良くて相手を上回ることができた」と納得の表情だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース