都道府県対抗男子駅伝・全区間区間賞 2区間で区間新、区間タイ記録

[ 2020年1月19日 18:15 ]

都道府県対抗男子駅伝 ( 2020年1月19日    広島・平和記念公園前発着 7区間48キロ )

<都道府県対抗男子駅伝>7区で区間賞を獲得した福島県チームの相沢晃(東洋大4年)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 都道府県対抗男子駅伝は19日、広島・平和記念公園前発着の7区間(48キロ)で行われ、長野が2時間17分11秒の大会新記録で3年ぶり8回目の優勝を飾った。2位に兵庫、3位には埼玉が入った。

 各区間の区間賞は以下の通り。

【各区間区間賞】

▽1区(7・0キロ) 吉居大和(宮城・仙台育英高3年)19分46秒=区間新 

▽2区(3・0キロ)
長嶋幸宝(兵庫・氷丘中3年)8分24秒

▽3区(8・5キロ) 田村和希(山口・住友電工=24歳)23分42秒 

▽4区(5・0キロ) 唐沢拓海(埼玉・花咲徳栄高3年)14分07秒=区間タイ

▽5区(8・5キロ) 松山和希(福島・学法石川高3年)23分55秒=区間タイ

▽6区(3・0キロ) 吉岡大翔(長野・川中島中3年)8分22秒=区間新

▽7区(13・0キロ)
相沢 晃(福島・東洋大4年)37分10秒 

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース