遼 ボギー先行の展開で46位に後退「苦しい時間帯が長かった」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

男子ゴルフツアー SMBCシンガポールオープン第3日 ( 2020年1月18日    シンガポール セントーサGCセラポンC=7397ヤード、パー71 )

17番でティーショットを放つ石川遼(撮影・石川 勝己)
Photo By スポニチ

 首位に10打差の41位から出た石川は3バーディー、4ボギーの72とスコアを落とし、通算1オーバーの46位に後退した。「ほんの少しは良くなってるんですけど、いい流れでやれてないので苦しい時間帯が長かったですね」。

 前半の13番では第1打が池、続く14番では3パットのミスで連続ボギーを叩き、ボギーが先行する苦しい展開に。上位争いは厳しくなった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース