ソフトボール・上野 3度目の五輪へじっくり調整 「私にとって集大成」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

動画解析でフォームを確認するソフトボールの上野(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 女子ソフトボール日本代表の上野由岐子投手(37)は18日、福岡県久留米市内で行われた「鴻江スポーツアカデミー」が主催する合宿にソフトバンク・千賀滉大投手(26)、巨人・菅野智之投手(30)とともに参加した。

 上野は、自身3度目の五輪出場に向け「私にとって集大成。まだまだもっといいボールを投げられる感覚はある」と意欲を見せた。合宿では投球フォームを見直し「方向性が決まった。焦らず、じっくり開幕を迎えたい」と話した。

 千賀や菅野との合同練習には「菅野投手とはメンタル的な話をした。追われる立場というか背負った者しか分からない感情がある。私も経験してきたので、年を感じました」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース