クーチャー、7バーディーの猛チャージ 2位に3打差の独走態勢に

[ 2020年1月19日 05:30 ]

男子ゴルフツアー SMBCシンガポールオープン第3日 ( 2020年1月18日    シンガポール セントーサGCセラポンC=7397ヤード、パー71 )

スタートの1番でティーショットを放つマット・クーチャー(撮影・石川 勝己)
Photo By スポニチ

 リオ五輪金メダルのJ・ローズと同組で同じ4位から出た銅メダルのクーチャーが出だしの連続バーディーで首位に並ぶとその後も7バーディーを奪う猛チャージで2位とは3打差、J・ローズには6打差をつける独走態勢を築いた。

 「素晴らしいコースに素晴らしい街。本当に楽しんでいる」。前夜にはクラブハウス1階に特別に設置された卓球台でルーマニアの元女子トッププレーヤーと真剣勝負を楽しんだ。心身ともにリラックスして最終日を迎える。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース