宇田幸矢、10代対決制して初の日本一!張本は2年ぶりVならず

[ 2020年1月19日 17:09 ]

卓球 全日本選手権最終日 ( 2020年1月19日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

<全日本卓球選手権 男子シングルス決勝>張本智和(右)を下して初優勝を飾り、ガッツポーズの宇田幸矢(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子シングルス決勝が行われ、宇田幸矢(18=JOCエリートアカデミー)が東京五輪代表の張本智和(16=木下グループ)に4―3で勝利。初の日本一に輝いた。

 第1ゲームを接戦の末に13―11で制した宇田は、第2ゲームも11―9で連取。第3ゲームは8―11で落としたが、接戦となった第4ゲームを12―10で制してゲームカウントを3―1に。第5ゲーム、第6ゲームは張本の驚異的な粘りの前に屈したが、最終第7ゲームを制して初優勝を飾った。

 準決勝で戸上隼輔(18=野田学園高)とのフルゲームの死闘を制するも、決勝では宇田に惜しくも敗れた張本。2年ぶり2度目の日本一はならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース