カド番・豪栄道 正代止めた!執念の勝利で3勝目「危なかったけど,動けたんじゃないか」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

大相撲初場所7日目 ( 2020年1月18日    両国国技館 )

送り倒しで正代を破った豪栄道(右)(撮影・西海 健太郎)
Photo By スポニチ

 カド番の豪栄道が正代の連勝を止めた。右から小手に振った後に反撃を許して俵に詰まったが、右腕を手繰りながら左へ回り込んで送り倒し。「危なかったけど、動けたんじゃないか」。勝利への執念で勝って3勝4敗とした。

 敗れた正代は「連勝を続けていきたい気持ちが強かった。それが土俵に出たかも。詰めが甘かった」と振り返った。ふだんはマイナス思考なタイプだが「力は出せている。明日につながる」と珍しく前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース