サニックス 13点差猛追も惜敗、2戦連続TのFB屋宜「悔しい。前半のPGが響いた」

[ 2020年1月19日 19:09 ]

ラグビー トップリーグ第2節   宗像サニックス16―18リコー ( 2020年1月19日    福岡・レベスタ )

後半、宗像サニックスのラインアウトがリコーに奪われる(手前)
Photo By スポニチ

 宗像サニックスは0―13から猛追も、わずかに及ばず惜敗した。2点差を追う後半終了間際。逆転を信じ相手陣5メートルのラインアウトから攻撃を継続した。後半終了のホーンが鳴り響く中、攻め続けたがゴール直前の密集でターンオーバーされて万事休した。

 後半2分、個人として2試合連続となるトライで気を吐いたFB屋宜ベンジャミンレイは「悔しい。前半のPGが響いた」と唇をかんだ。ラストプレーについては「最後は相手の反則でPGか、ドロップゴールでの逆転を狙っていたけど、相手にボールがでてしまった」と振り返っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月19日のニュース