こだわり旬の旅

【福島・会津】男性にもおすすめ!江戸創業の酒蔵で味わう絶品「大吟醸シフォンケーキ」

[ 2019年2月1日 18:56 ]

末廣酒造嘉永蔵で試飲。会津の酒のおいしさが分かる
Photo By スポニチ

 全国新酒鑑評会で6年連続日本一になった福島県の清酒。そのおいしさに触れようと訪れたのが、会津若松市の「末廣酒造嘉永蔵」=(電)0242(27)0002。江戸年間の1850年(嘉永3)に創業。明治時代に杜氏(とうじ)による酒造りを県内で初めて実現した酒蔵で、試飲コーナーで早速、味わってみると、どれもコクのある重厚な飲み口。だが、それ以上に目を引いたのが併設された蔵喫茶「杏」。1892年(明25)築と最古の蔵を改造したカフェで、大吟醸シフォンケーキ(500円)は絶品。甘さ控えめで、男性でも食べられるスイーツだ。

 意外性を楽しんだ後は、レストラン「会津迎賓館寿し万」=(電)同(25)3311=で会津のB級グルメ「ソースカツ丼」(1000円)に舌鼓。ソースカツ丼の会に加盟する20店舗の1つで、ソースで煮込むのでなく、ソースをかけた丼。ボリューム感も苦にならず、瞬く間に平らげた。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る