菊池桃子 20歳迎えた長女に自身が使用したピアス贈る 障害乗り越え「素敵な大人に」

[ 2021年10月18日 02:01 ]

女優の菊池桃子
Photo By スポニチ

 女優の菊池桃子(53)が18日、自身のインスタグラムを更新し、20歳の誕生日を迎えた長女を祝福。菊池が20代の頃に使っていたピアスを贈った。

 菊池は「Happy birthday to my daughter! You're 20! 母さんが20代の頃に使っていたピアスを貰ってくださいね。洗ったり、磨いたり、綺麗にしたのよ。他にも家族から色々プレゼントがあります。素敵な大人になってくれて、ありがとう!!」とつづり、アクセサリーボックスにきれいに並べられたピアスと、和服姿の母娘の写真を投稿した。

 菊池は、長女が乳児期に脳梗塞になり、左手足にまひが残ったことを明かしている。長女は幼稚園に入る頃に一人で歩けるようにまで成長。しかし、小学校に入学すると「どうしてみんなと同じようにできないの」と悩み、過呼吸や円形脱毛症になってしまったという。そんな経験を経て迎えた20歳だけに、思いもひとしおのようだ。

 菊池は95年にプロゴルファーの西川哲(53)と結婚。一男一女をもうけたが12年に離婚。19年11月にキャリア官僚の新原浩朗氏(62)と結婚した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月17日のニュース