豊島竜王 痛い黒星スタートに反省「もうちょっと考えなければ」

[ 2021年9月24日 05:30 ]

感想戦を行う豊島竜王 (撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグは23日、東京都渋谷区の将棋会館で開幕。第69期挑戦者の広瀬章人八段(34)が76手で豊島将之竜王(31)を下し、1勝目を挙げた。

 痛い黒星スタートとなった豊島は勝負どころについて「▲5六角が良くなかったのは間違いない。他の手を指してもそんなに有利でない。もうちょっと考えなければ」と反省の弁を繰り出した。リーグ次戦は30日の糸谷哲郎八段(32)戦。「また頑張っていけたらと思います」と、淡々とした言葉の中にも巻き返しを期していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月24日のニュース