泉ピン子 「何が米倉涼子だ。私なくしてこの番組は終わらない」 「ぴったんこ」最終回に登場

[ 2021年9月24日 21:03 ]

女優の泉ピン子
Photo By スポニチ

 女優の泉ピン子(74)が最終回となった24日放送のTBSバラエティー番組「ぴったんこカン・カン」(金曜後8・00)の3時間スペシャルに出演した。

 番組中盤にMCの安住紳一郎アナウンサー(48)が「続いては出演回数14回という…」と進行をしていると、スタジオに笛の音が響き渡った。スタジオゲストの藤井隆(49)はぼう然とし、久本雅美(63)と石塚英彦(59)は手で口を覆って驚きの表情を見せた。笛を吹きながらスタジオに現れたのはピン子だった。

 ピン子は開口一番「何が米倉涼子だ。私なくしてこの番組は終わらない」と番組出演最多の63回を誇った。「この人とは本当に何もなかったのがおかしいぐらい一緒に世界に行ったから」と安住アナとのロケを思い返した。安住アナは「ピン子さんが左側で私が右側で1日撮影したら、左側の耳が聞こえなくなった」と告白してスタジオを爆笑させた。

 安住アナと2人ロケの名場面を見たピン子は「安住さんは本当に大きくなりました」と称した。これに安住アナは「ピン子さんのおかげです」と感謝。ピン子は「そうです。私のおかげ」と当然といった様子で「じゃあ私の介護みなさい」とジョークで笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月24日のニュース