香川照之 撮影時間1時間15分のオープニングがオンエア5分弱 「Eテレの『昆虫すごいぜ!』並に凄い」

[ 2021年9月24日 19:48 ]

香川照之
Photo By スポニチ

 俳優・香川照之(55)が最終回となった24日放送のTBSバラエティー番組「ぴったんこカン・カン」(金曜後8・00)の3時間スペシャルに出演し、番組の編集に驚くシーンがあった。

 2018年11月30日に放送された回について安住紳一郎アナウンサー(48)が「オープニングかなり力入ってましたよね」と尋ねた。香川は「あの頃はね、オープニングを長くすることに命を懸けていた」と明かした。

 安住アナが「1時間15分」とオープニングの撮影時間を伝えると、香川は「えっ」と目を丸くした。その1時間15分の尺が放送では5分弱となったことに「あの、Eテレの『昆虫すごいぜ!』並に凄いね。あのスタジオで4時間喋ってんのにオンエアになったら、スタジオの部分10分くらい」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月24日のニュース