EXILE ロールダンス、ランニングマンの次は“立ち漕ぎダンス” 競輪アプリCM出演

[ 2021年9月24日 04:00 ]

CMで“立ち漕ぎダンス”を披露するEXILEの(左から)佐藤大樹、NAOTO、関口メンディー、白濱亜嵐
Photo By 提供写真

 ロールダンス、ランニングマンの次は“立ち漕(こ)ぎダンス”だ!EXILEのNAOTO(38)白濱亜嵐(28)関口メンディー(30)佐藤大樹(26)が競輪アプリ「TIPSTAR」のイメージキャラクターに起用された。27日からオンエアされるCMでは「ジンギスカン」のメロディーに乗せて、♪ティップ ティップ ティップスター…と、FANTASTICSのメンバー7人とともにド派手なダンスパフォーマンスを披露している。

 こだわったのは、自転車を漕ぐような動きを織り交ぜた振り付け。ワンテークごとに全員モニターの前に集まって踊りの精度を高め、撮影は約3時間にも及んだ。NAOTOは「自転車を漕ぐかのようなマネしやすいダンスなので、皆さんにもぜひチャレンジしてほしいです」と呼び掛けている。

 4人が所属するLDHといえば、EXILEの「Choo Choo TRAIN」(03年)のロールダンス、三代目 J SOUL BROTHERSの「R.Y.U.S.E.I.」(14年)のランニングマンがそれぞれ大ブームとなった。競輪人気が若者にも広がっている中で“立ち漕ぎダンス”も世代を超えて話題になりそうだ。

 同アプリは、競輪予想を基本無料でネット投票し、友人と一緒に楽しむこともできる若者向けのサービス。4人はいずれもEXILEとその弟分のグループを兼任しているだけに若者への知名度も高く、起用が決まった。メンディーは「凄く居心地が良くて、息ぴったりで、ダンスもお芝居もいいものを撮れたなと思います」と手応え。「友達と集まった際に、オススメンディー!!」とお決まりのフレーズでアプリをPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月24日のニュース