米倉涼子 「同志」安住アナとのツーショットで感謝「また、お会いできる日を楽しみに」

[ 2021年9月24日 22:21 ]

米倉涼子
Photo By スポニチ

 女優の米倉涼子(46)が24日、自身のインスタグラムを更新し、この日の放送が最終回となったTBSバラエティー番組「ぴったんこカン・カン」(金曜後8・00)で、多くの共演をしたMCのTBS・安住紳一郎アナウンサー(48)に感謝した。

 米倉は、最終回で見せた浴衣姿で、指でハートマークを作って安住アナとのツーショット写真を投稿し「安住さん、18年間本当にお疲れ様でした!沢山お世話になりました また、お会いできる日を楽しみにしてます!それまで、お互い頑張りましょうね」とつづり、ハッシュタグを付けて「#感謝 #同志」と付け加えた。

 2005年に初出演してから今回で15回目の出演となった米倉。番組では「同僚じゃないですけど、なんていうんですかね。元気もらってます。よく頑張った。偉い」と最終回までやり切った安住アナを称えた。同番組は今後、期首期末特番で復活の可能性があることも“予告”された。

 フォロワーからも「素敵な2人の掛け合いが見られなくなるの寂しいです」「なんか夫婦にしか見えなくて困る」「お似合いです」「寂しい「大好きです」「可愛すぎる大好きです」などの声が寄せられていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月24日のニュース