「ぴったんこカン・カン」放送終了にネットで悲しみの声「悲しくて仕方ない」「寂しい」「終わらないで」

[ 2021年9月24日 23:00 ]

“金曜夜の顔”「ぴったんこカン・カン」の司会を18年半務めた安住紳一郎アナウンサー。最終回の収録に臨み、感謝(C)TBS
Photo By 提供写真

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(48)が司会を務めた同局のバラエティー番組「ぴったんこカン・カン」(金曜後8・00)は24日、午後7時からの3時間スペシャルで最終回を迎え、2003年4月のスタート以来、18年半の歴史に幕を閉じた。ネットでは番組終了を悲しむ声であふれた。

 最多ゲスト出演63回を誇る女優・泉ピン子(74)の登場や、男性ゲスト出演回数1位の俳優・香川照之(55)と2位の俳優・大泉洋(48)がバラエティー初共演を果たすなど最終回を盛り上げた。安住アナは気心の知れた女優・米倉涼子(46)と“ラストツアー”を行うなど、18年半の集大成となった。

 番組は、久米宏(77)が司会を務めた「ぴったしカン・カン」(1975~86年)のリメイク版として03年4月にスタート。安住アナが豪華ゲストとロケに繰り出し、ざっくばらんなトークをしながら素顔を引き出してきた。ロケ先のハプニングをクイズ問題にし“金曜夜の顔”として不動の人気を誇った。

 放送終了後、ネット上では「終わるのが悲しくて仕方ないよ」「終わるの寂しいね」「親が好きでわけわかんない頃から見てたからさびしい」「終わらないでぴったんこ…」「ロスだわ」「18年半ってすごいな」「めっちゃおもしろかった!」「また特番で復活期待してます」「最後の涙にちょっともらい泣き」「本当にお疲れ様でした」「安住さんお疲れ様です」「最後まで笑わせてもらいました」といった声であふれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月24日のニュース