安住アナ「ぴったんこ」最終回に大泉洋と“口論” 写真集販売に「番組のスポンサー怒りますよ」

[ 2021年9月24日 20:41 ]

TBSの安住紳一郎アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(48)が最終回となった24日放送のTBSバラエティー番組「ぴったんこカン・カン」(金曜後8・00)の3時間スペシャルに出演し、俳優・大泉洋(48)と“口論”になる場面があった

 2019年10月11日に放送された「スペイン旅」の回について大泉は「裏事情を話せば、サンセバスチャン映画祭には行きたいけども、正直お金が出ないからスタッフみんなを連れて行けない。どうしたらいいんだ。ぴったんこさんに頼んでみよう」と「スペイン旅」実現した裏話を明かした。

 だが、映画祭の始まる直前まで外で待たされていたことや、美食の街なのに三ツ星レストランよりも素人シェフの集まりだったお店の方が滞在時間が長かったことなど、大泉が思い描いていたスペイン旅ではなかったとして「結果、ぴったんこじゃなかったなと思いました」と不満を漏らした。

 これに安住アナは「なんだかんだ言って、サンセバスチャン行って、番組におんぶで行った挙句、行く先々で写真撮ってファンクラブ用に写真集作って売ってたじゃないですか」とクレーム。「あれ出すとこ出したら大問題ですよ」としたが、大泉は「そんなことないでしょ。連れてってもらったけど、あっちで撮った写真を売って何が悪い」と悪びれる様子もなく大笑い。

 この態度に安住アナは「番組の交通費を使って行って、現場で撮った写真で写真集販売してって、うちの番組のスポンサー怒りますよ」と注意したが、大泉は笑いが止まらなかった。この2人の掛け合いにスタジオでVTRを見ていた川田裕美(38)は「最終回に大ゲンカ」と笑顔で口にし、共演者らも優しい表情で見守っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月24日のニュース