片岡孝太郎 伯父・片岡秀太郎さん代役への思い新た「あちらの世界から怒られないように」

[ 2021年6月22日 08:54 ]

片岡孝太郎
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の片岡孝太郎(53)が22日、自身のブログを更新。先月、79歳で亡くなった二代目片岡秀太郎さんの代役を務めることへの思いをつづった。

 孝太郎は「そろそろ、と」のタイトルでブログを更新。公演の台本の写真をアップし、「七月の松竹座 お昼の部、序幕は初役で久々の立役なのでドキドキしています」と心境を吐露した。

 「伯父の代打なので あちらの世界から怒られない様に…お客様に少しでも喜んでいただける様につとめたいと思っています」と意気込み。「公演中の7月10日がちょうど伯父の四九日 お参りにも行けるんでちゃんとご報告が出来る様に頑張ります」とつづった。

 孝太郎は大阪松竹座「七月大歌舞伎」(7月3~18日)の「昼の部」の「伊勢音頭恋寝刃」で今田万次郎役を務める。孝太郎は秀太郎さんの甥で、秀太郎さんの弟・片岡仁左衛門の長男。

 秀太郎さんは5月23日、慢性閉塞性肺疾患のため大阪府吹田市内の自宅で死去。歌舞伎俳優の片岡愛之助(49)は養子。2020年12月の京都・南座「一谷嫩軍記 熊谷陣屋」(経盛室藤の方)が最後の舞台になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月22日のニュース