手越祐也、独立してからの意識の変化「一度も週刊誌に撮られなかったのは初めて」

[ 2021年6月22日 16:21 ]

手越祐也
Photo By スポニチ

 元NEWSの手越祐也(33)が21日に、自身のYou Tubeチャンネルを更新し、独立してからの意識の変化について語る場面があった。

 手越は、お笑いコンビ「さらば青春の光」の森田哲矢(39)が代表取締役社長を務める「ザ・森東」を訪問し、同じ経営者としての目線でトーク。「独立して、約1年間経って。今まで雇われる側だったのが、経営していかなきゃいけない。社員も雇ったりして、責任感も出て、人間変わるなと思ったんです」と話す。

 「今までは自由奔放で、皆さんからイジられることが多かったんです。でも、今はかなりマジメなんですよ。周りから言われるくらいに。この1年間、なにかで撮られちゃったりとか、週刊誌(報道)とかがないんですよ。1年間ないの初なんですよ」と、自慢気に語った。

 また「今までは事務所が守ってくれたけど、個人でやってる場合って、そういうのがあったときってどう対処するんですか?」と、投げかけた手越。これに森田は「何ともならないよ!」と笑うと、相方の東ブクロ(35)も「本当に何ともならないよ、垂れ流し」とうなずく。森田は「お世話になってる人たちには『申し訳ありません』とか言うけど、揉み消すとかはないですから」と、経験を交えて伝えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月22日のニュース