新“月9”「ナイト・ドクター」初回13・4%の好発進 同枠11作連続の2桁スタート

[ 2021年6月22日 09:26 ]

波瑠
Photo By スポニチ

 女優の波瑠(29)が主演を務めるフジテレビ月9ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜後9・00)は21日、30分拡大でスタートし、初回の平均世帯視聴率は13・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。個人視聴率は7・7%だった。

 同枠“月9”としては、18年7月期「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(10・6%)、同10月期で放送した「SUITS/スーツ」(14・2%)、昨年1月期「トレース~科捜研の男~」(12・3%)、同4月期「ラジエーションハウス」(12・7%)、同7月期「監察医 朝顔」(13・7%)、10月期「シャーロック」(12・8%)、20年1月期「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」、同7月~10月(コロナ禍のため中断あり)「SUITS/スーツ シーズン2」、同11月期「監察医 朝顔 シーズン2」、同4月期「イチケイのカラス」に続き、11作連続2桁発進となった。

 崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」を設立する病院が舞台のオリジナル医療ドラマ。波瑠(29)が演じる主人公・朝倉美月(あさくら・みつき)が、夜間救急専門の「ナイト・ドクター」結成のために集められた、年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちと共に、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでいく。ほかに、田中圭(36)、「King&Prince」岸優太(25)、北村匠海(23)、岡崎紗絵(25)、真矢ミキ(57)、沢村一樹(53)らが出演する。

 第1話は、医師の朝倉美月(波瑠)は新たな就職先に夜間勤務専門の救命医チームナイト・ドクターを選ぶ。スタッフステーションには美月のほかに、深澤新(岸優太)、成瀬暁人(田中圭)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)という5人の医師が集まる。5人の指導医は本郷亨(沢村一樹)。そこに、ホットラインが鳴る。工事現場の崩落事故で3名の重症者が出たのだ。重傷者たちの処置を始めた矢先、崩落現場で新たな重症者が発見されたと連絡が。本郷が受け入れを命令も、新たに搬送された患者の足は重度の損傷を受けてクラッシュ症候群を起こしていた。本郷は美月に切断を指示するが…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月22日のニュース