「股関節難病」公表の千原ジュニア、医師からかけられた言葉に驚き「そう表現しはんねや」

[ 2021年6月22日 15:19 ]

千原ジュニア
Photo By スポニチ

 お笑いタレント・千原ジュニア(46)が20日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、難病の治療中にかけられた、医師の言葉を紹介する場面があった。

 昨年の11月末くらいから股関節にずっと痛みがあったというジュニア。今年2月に更新された動画で「難病なんやって。原因がわかりきっていない難病」とし、具体的な病名は明かさなかったが「病名もあって、難病認定されているという病気なんやって。なぜそうなるのかが100%分かってないんだって」と説明。「言葉で聞いてめちゃくちゃ怖かってんけど、一部が壊死している」と現状を明かしていた。

 そして、現在も治療中だというジュニアは、病院を訪れた際のエピソードを披露。「1カ月前と、今のレントゲン見て『全然大丈夫だと思います』ってOKをもらってん。改善に向かってることを『そう表現しはんねや』って思うことがあって」と、医師からどんな言葉をかけられたか“クイズ大会”を開催する。

 「晴れてきましたね」「八合目ですね」という予想が飛ぶなか、ジュニアは「正解は『あ~、これ勝ち戦ですね』って。これでイヤな思いをする人は1人もいないよね」を満面の笑みを見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月22日のニュース