オリラジ中田の弟FISHBOY、番組の指示に従ったら兄の怒り買う「それ誰に言わされてる?」

[ 2021年6月22日 22:46 ]

「オリエンタルラジオ」の中田敦彦
Photo By スポニチ

 ストリートダンサー・振付師で、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」中田敦彦(38)の実弟でもあるFISHBOY(35)が22日、自身のYouTubeチャンネルを更新。兄から教わった「大切なこと」を明かす場面があった。

 以前、藤森慎吾(38)とコラボ動画を撮った際は「中田被害者の会」として、受けた“仕打ち”について語っていたFISHBOY。しかし、今回は「素敵な思い出もある」と、兄弟のエピソードを披露する。

 「12年くらい前なんですけど、テレビ番組で兄との対談があったんです。そのとき、ディレクターは出演者・制作・視聴者の人がすべてウィンウィンになる演出を考えてると思ってんたんです。『兄のプライベートな話をどんどん掘り出してほしい。例えば、女性関係とか』みたいなことを言われて。僕は、それがテレビ的には美味しくなるし、芸人の兄にも美味しくなることだと思ってたんです」と振り返る。

 実際に本番を迎え「何の悪気もなく『お付き合いしてる人はいるの?』とか聞いたんですよ。そしたら、兄の顔が変わって『啓之(FISHBOY)、それ誰に言わされてる?』って」と、まさかの展開に。「僕としては良かれと思って聞いていたので、フリーズしちゃって。そしたら『ちょっと撮影止めてください。どういうことですか?』って。そのときに『啓之、やりたくないことはやらなくていい』」という言葉だった。

 「あらゆる人の都合で仕事は出来ていくんだと。自分にこうして欲しい都合と、自分の都合がマッチしないときは断っていいんだと。若いと、どうしても人の都合に合わせちゃうから。それを一回、どうなるか予想して言う勇気が大事なんだ」と、兄の教えに感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月22日のニュース