さんま「教えて!」 ナンバー1キャバ嬢落としたキスのテクニックに興味津々 「俺、下手やねん」

[ 2021年6月22日 08:16 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(65)が、21日深夜に放送されたMBSテレビの「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)に出演。お笑いコンビ「さや香」の新山(29)が自慢する「キステクニック」に興味津々に聞き入った。

 番組では「さんまとマッチングする若手芸人は誰だ!?」として、各コンビがトークネタを持ち寄り、さんまに披露。その中で新山は「恋愛が大好き。恋愛と真剣に向き合って、どれだけ成長するかに重きを置いている。恋愛にぶち当たって、いかに人間力を高めるか」と熱く語った。

 その話の延長線上で「キスのテクニックもある。北新地のナンバー1キャバ嬢を落とした」と豪語。これにはさんまも「教えて!」と即座に前のめりになり、「俺、キスめちゃくちゃ下手やねん。下手やし、邪魔くさいねん」と本音を明かした。

 新山が「キスは、ひざでするんです」と言うと、さんまは再び即座に「うそやん!」と食いつき。その後も新山が「キスって舌でやりがちですが、ベストなキスは舌を極力柔らかくする」と話す間も、実際に舌を出して練習するなど真剣に聞き入った。

 さらに新山は、舌の力を抜いてひざで態勢を変えるようにアドバイス。あまりのさんまの食いつきっぷりに共演者も驚くほどだったが、ラジオのヘビーリスナーだと称してさんまは「ペンネーム シーフードパイセン。毎週聴いています」と、照れ笑いを浮かべながらもオチをつけて笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月22日のニュース