坂上忍 日本の水際対策に「ざると言われてましたけどざるでもないな 何もない」 ウガンダ選手団陽性に

[ 2021年6月22日 13:38 ]

坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(54)が22日、MCを務めるフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演。東京五輪のウガンダ代表選手団の1人が成田空港でのPCR検査で新型コロナウイルス陽性となったことにコメントした。

 東京五輪のウガンダ代表選手団が20日、ホストタウンの大阪府泉佐野市に到着し、事前合宿を始めた。19日に9人で来日したが、成田空港でのPCR検査で1人が新型コロナウイルス陽性となったため、8人で宿舎入りした。新型コロナで大会延期が決まった後、海外チームの来日は2例目で、陽性判明は初めて。内閣官房によると、陽性の1人は入国できなかった。

 ウガンダ代表選手団は、英アストラゼネカ製ワクチンを2回接種し、出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書も提出。到着後の抗原検査で陰性にならず、PCR検査を受けた。同市は選手団に練習の自粛を求めたが、期間は未定。

 坂上は、「日本の水際(対策)はざると言われてましたけど、ざるでもないな、もう何もない。こういうことになると、変異株の祭典なんて揶揄(やゆ)されてたけどそうなりかねない」と冒頭部分で発言。東京五輪・パラリンピックの開催については、「物理的に1カ月しかなくて、これだけ問題が山積している中、全てを解決したままオリンピックに突入することは僕は無理だと思ってる」と持論を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月22日のニュース