さまぁ~ず大竹「久しぶりだから」 親交深い芸人、がん闘病からの復帰に「グッときた」

[ 2021年4月13日 10:55 ]

「さまぁ~ず」の大竹一樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ・さまぁ~ずの大竹一樹(53)が12日深夜放送のテレビ朝日「さまぁ~ず論」(月曜深夜1・56)に出演。昨年12月に下咽頭がんを公表したお笑いトリオ「ななめ45°」の岡安章介(41)の復帰を喜んだ。

 闘病生活を送っていた岡安は、先月3月に一旦の治療を終え、仕事復帰。番組ゲストとして元気な姿を見せると、プライベートで一緒に旅行に行くほど親交が深い大竹は「久しぶりだから、グッときてる。良かったね」、三村マサカズ(53)は「お帰り!」と温かい言葉を掛けた。

 闘病中、極端なマイナス思考に陥っていた岡安。そんなときに、救ってくれたのが、お笑いだったという。「お笑いを見ることでマイナス思考が改善されていった。お笑いは、万病の薬だと思っている。さまぁ~ずさんは処方箋だと思っております」と力説。大竹は「説得力があるよね」と話し、岡安の復帰にあらためて「グッときた」と感慨深げだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年4月13日のニュース