マスターズ実況 小笠原アナ“もらい泣き中継”話題に 55秒間沈黙も

[ 2021年4月13日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー マスターズ最終日 ( 2021年4月11日    ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

小笠原亘アナ
Photo By スポニチ

 マスターズ実況の小笠原亘アナ(48)や解説の中嶋常幸(66)、宮里優作(40)両プロによる“もらい泣き中継”も話題になった。3人は東京・赤坂のスタジオから中継に出演。松山が最後のパットを決めると、小笠原アナは「マスターズの壁を松山英樹は乗り越えました」などと声を震わせた。その後、55秒間にわたって沈黙。言葉が出なかった。3人の涙は、視聴者のもらい泣きも誘った。

 小笠原アナは午前11時からTBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」に出演。「米国のCBSテレビが“日本の実況陣がこんな感じで最後実況したらしい”と流したらしいんですね。それほど日本にとっては大変なことだと、全米で流れたみたいです」と恥ずかしそうに明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月13日のニュース