EXILE TETSUYA 「テンション上がりすぎた」聖火リレーで踊りながら走る笑衝パフォ披露

[ 2021年4月13日 20:30 ]

大阪府吹田市の万博記念公園で実施された東京五輪聖火リレーの同日の最終走者を務めたEXILEのTETSUYA                
Photo By スポニチ

 EXILEのTETSUYA(40)が13日、大阪府吹田市の万博記念公園で行われた同日の東京五輪聖火リレー最終走者を務めた。

 あいにくの雨天で冷え込む中、北京・ロンドン五輪フェンシング銀メダリストの太田雄貴氏(35)から引き継ぐと、トーチを手にクルクルと踊りながら走る熱い即興パフォーマンスを披露。無事に聖火皿に火を灯して安どした後に「楽しくなってテンションが上がりすぎちゃった」と語り、微笑んだ。

 公園内ではここまで10府県を回ってきた聖火リレーの記念イベントも実施され、ステージ上では仲間のUSA(44)とともに代表曲の1つ「Rising Sun」をキッズダンサーらとともに披露。「目の前に“太陽”がある。太陽の塔の前でこの曲を歌えたことは思い出になりますね」と胸を張った。

 イベントではEXILE TRIBE(一族)の7人組「GENERATIONS」が登場。「You&I」「One in a Million」「DREAMERS」「Y.M.C.A.」などを披露し盛り上げた。

 大阪府の聖火リレーは、新型コロナウイルスの新規感染者が急増する中、政府の「まん延防止等重点措置」適用を受け、府下全域で公道での実施を中止が決定。代替会場となった万博記念公園内の周回コースで14日も行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年4月13日のニュース