山本耕史 新型コロナウイルス感染 無症状も出演予定の舞台は降板

[ 2021年4月13日 21:48 ]

俳優の山本耕史
Photo By スポニチ

 俳優の山本耕史(44)が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

 自身の公式サイトで発表されたもので「次回出演予定作品の準備段階として実施したPCR検査におきまして、新型コロナウイルス感染の陽性判定が出ました。現在特に症状はないものの、今後は感染拡大防止を最優先として保健所等のご指示に従い、回復に取り組んで参ります」と報告された。

 また、東急文化村も公式サイトで「シアターコクーン公演『シブヤデアイマショウ』(4月18日~25日)の日替わりゲストとして出演予定の山本耕史さんにつきまして、PCR検査の結果、陽性であることが4月12日(月)に判明し、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。現在、ご本人に症状は出ておりませんが、療養を優先いただくため、本公演は降板することとなりました」と発表。

 「公演を楽しみにしてくださっているお客様には多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。このたびの降板に伴う払い戻し方法の詳細は決定次第、ホームページ等でご案内いたします。なお、稽古場へは合流前でしたため、他出演者やスタッフとの接触はございません」と説明されている。ゲスト出演が予定されていたた4月23日、25日の公演は山本に代わり、大野拓朗(32)が出演する。

 山本は15年に元女優の堀北真希さん(32)と結婚。2児をもうけている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月13日のニュース