TBS安住アナは魚顔? さかなクンからの似顔絵で実感「顔的にはムツ顔なんだ」

[ 2020年6月7日 13:24 ]

TBSの安住紳一郎アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(46)が7日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(日曜10・00)に出演し、ゲスト出演した魚類学者でタレントのさかなクン(44)から似顔絵を贈られ、自分が魚顔であることを実感した。

 幼少のころから魚を愛し、近所の鮮魚店に自ら描いた魚を絵を贈っていたというさかなクンは、その絵心が高じ、7月23日からは茨城・笠間市の笠間日動美術館で個展を開催するという。この日は安住にも似顔絵をプレゼント。クリッとした目が特徴の絵で、「安住さんのおめめ、こんな感じですね」と説明した。

 受け取った安住は「さかなクンの魚の絵を描くタッチですね」と喜びつつ、「ちょっと“ムツ”的な…」と、魚にたとえて感想を語った。さかなクンが「安住様、ムツなんですね!」と驚くと、安住は「ムツじゃないですよ」と否定しながらも、「私、顔的にはムツ顔なんだ」としみじみ語っていた。

 安住がムツを知っていたことに驚いたさかなクンは、「食べると脂が乗っておいしいんですね。脂が乗っていることを、地域によっては『むつっこい』っていうんです。『むつっこくてうまいぞ』という意味ですね」と、ムツに関する知識を披露していた。

 さかなクンの出演は14年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大のため、アクリル板で仕切られた収録ブースに入ると、「世界中の水族館がアクリル水槽なんです。お魚の心境ですね」と喜んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月7日のニュース