サバンナ高橋 東京アラート点灯効果に理解「エヴァンゲリオン感というか、シン・ゴジラ感とかもある」

[ 2020年6月7日 14:16 ]

サバンナの高橋茂雄
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(44)が7日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)で東京都の新型コロナウイルス感染拡大警報「東京アラート」のライトアップを歓迎した。

 小池百合子知事は、新規感染者が34人と急増した2日に東京アラートを初めて発動。都庁とレインボーブリッジが赤くライトアップされた。点灯を指示しながら、休業要請の緩和を進めた小池知事には「矛盾している」などの批判的な意見も少なくない。

 そんな中、高橋は人気アニメやパニック映画の作品名を挙げながら「何となくエヴァンゲリオン感というか、シン・ゴジラ感とかもあるし、何か今は完全に安心はできへんなというのは見えるんで」とライトアップ効果はあると指摘。

 新規感染者数の推移についても「数字的に言ったら東京アラートの範囲に入っているけど、でも感染不明のとこも夜の街で追えているんでステップは戻さないですよという説明はすっと降りてくる」と小池知事に理解を示し、アラートも「効果、全然ないってことはないんじゃないかな」と持論を述べた。

 爆笑問題の太田光(55)も「警告という意味での効果はありますよね」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月7日のニュース