「ペナルティ」ワッキー、初期の中咽頭がんで一時休養 手術せず放射線化学療法で治療へ

[ 2020年6月7日 13:00 ]

お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー(47)がステージ1の中咽頭がんと診断され、一時休養することが分かった。7日、所属事務所の吉本興業のホームページで発表された。

 吉本興業によると、ワッキーは4月上旬に首にしこりのようなものを感じて都内の病院で検査を繰り返した結果、初期の中咽頭がんが発覚。担当医との相談の結果、外科手術はせず、放射線化学療法で治療する。

 あす8日から7月下旬まで入院し、芸能活動は8月末まで休養する予定。吉本興業は「関係各位、ファンの皆さまには大変ご心配、ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解賜りますよう、お願いいたします」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月7日のニュース