フジ久代萌美アナ ファンからの“B専”宣言に憤慨「なんで書いたんだろう」

[ 2020年6月7日 13:48 ]

久代萌美アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの久代萌美(30)が7日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(前10・00)に出演。ファンからのまさかのB専扱いに憤慨する場面があった。

 番組では、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅(48)の“ネガティブツイート”を特集。共演者やファンなどから向けられて傷づいた、悪気はないけど余計な一言についてトークを展開した。

 ダウンタウンの松本人志(56)は「ファンレターとかでよくあった。『私の周りに松本さんを面白いと思っている人が1人もいません』みたいな。いやいやいやっていうのもありますよ」と苦笑。タレントのウエンツ瑛士(34)も「インスタのコメントで一番多いのが『ウエンツさんの隠れファンです。今まで周りに言えなくてやっと言えるようになりました』って、何で言えなかったんだって」とガックリ。松本もそんなファンの一言に「なんでなんやろう…」と首をひねった。

 フリーアナウンサーの大橋未歩(41)も「『サインお願いします』って言われて、『私でいいんですか?』って言ったら、『この際、誰でもいいんで!』って言われて」と告白。番組MCの東野幸治(52)も「それ一番ひどい」と思わず同情した。

 さまざまなケースが明かされる中、フジテレビの久代萌美(30)は「視聴者の方からのお便りに『僕はB専(ブス専)なので久代さんのファンです』って。『ファンです!』だけでいいじゃないですか!なんで書いたんだろう」とファンからのまさかの言葉に憤慨。松本も「これははっきり怒っていいやつやな。どういうつもりなんやろ」とあきれ顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月7日のニュース