ミルクボーイが“ソーシャルディスタンス”漫才、よしもと漫才劇場の無観客ライブ有料配信スタート

[ 2020年6月7日 05:45 ]

よしもと漫才劇場で無観客ライブ「極ドリームネタフェスティバル!」の有料配信がスタート。初日はM-1王者・ミルクボーイが登場
Photo By 提供写真

 大阪・ミナミのよしもと漫才劇場(大阪市中央区)で6日から無観客ライブ「極ドリームネタフェスティバル!」の有料配信がスタート。初日からM―1王者・ミルクボーイ、同ファイナリスト・見取り図らが登場した。

 吉本興業では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月2日から全劇場で公演を中止、延期。東京・渋谷のヨシモト∞ホールと2劇場が97日ぶりに公演を再開した。

 久々に舞台に上がったミルクボーイは、内海崇(34)、駒場孝(34)が高さ2メートルのビニールシートの衝立を挟んで2メートル離れて“ソーシャルディスタンス”を守っての漫才。開幕前に「久しぶりの舞台なので、緊張してマイクまで辿り着けるか不安。皆で気をつけながら楽しみましょう」と駒場は話し、内海は「どのネタをしようか楽しみです」と話していた。

 19日からこの2劇場に、なんばグランド花月、ルミネtheよしもと、よしもと幕張イオンモール劇場を加えた5劇場で7月12日まで金土日の週3回、吉本新喜劇などの公演を実施する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月7日のニュース