たけし、持続化給付金事業“中抜き20億円”疑惑に「お笑い事務所と変わらないじゃないか」

[ 2020年6月7日 08:50 ]

ビートたけし
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのビートたけし(73)が6日放送のTBS「新・情報7DAYS ニュースキャスター」(土曜後10・00)にリモート生出演。新型コロナウイルス対策の「持続化給付金」を巡る問題についてコメントした。

 持続化給付金を巡っては、2016年に設立された「サービスデザイン推進協議会」が4月8日公示の競争入札で持続化給付金事業を769億円で受託し、その後、749億円で電通に再委託された。この差額の20億円について、野党側が「中抜きではないか?」と問題視している。

 たけしは一連の流れについて「何だこれ。結局、お笑い事務所と何も変わらないじゃないか」と指摘。「昔、ツービートで仕事に行ったら、間に業者が5個も入ってて“お前らに500万円も払ってるのに”と言われたけど、俺らがもらったのは50万円だった。あと全部抜かれてた。同じじゃん、やってること」と自身の経験になぞらえ、「これを国がやってるとしたら、間抜けな芸能事務所と何も変わらない」と皮肉った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月7日のニュース