ウエンツ 生田斗真&清野菜名に「申し訳ないことした」 結婚記念日秘話明かす

[ 2020年6月7日 10:43 ]

ウエンツ瑛士
Photo By スポニチ

 タレントのウエンツ瑛士(34)が7日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。女優の清野菜名(25)との結婚を発表した俳優の生田斗真(35)を祝福した。

 ウエンツは生田とはNHK教育「天才てれびくん」(96年)でテレビ戦士として共演してい以来、20年以上の付き合いとなる“親友”。ウエンツは「当時は携帯もなかったぐらいで、小学6年生と5年生、親同士がすごく仲良くて、そういう芸能人の方ってなかなかいない」と関係性を吐露。交際は以前から知っており、「この2人も大好きなカップルです」と祝福した。

 その中で、結婚の事前の連絡を聞かれ、「これは本当にお2人に謝らないといけない」と切り出したウエンツ。「6月1日に入籍をされて、結婚記念日。事務所はバラバラなんですけど僕と、生田斗真、岡田将生の3人で“このコロナ禍において何かできないか”みたいな話し合いをしていて、そのいろいろなアイデアを思い付いたのが6月1日で…。1日にみんなでリモートで集まって、話し合いと飲み会をすごいやったんです。話が白熱しちゃって、ずっと深夜までいっちゃった。その日が結婚記念日だったわけじゃないですか。でも、報告受けてないから、ずっと深夜まで…」と苦笑。これには、ダウンタウンの松本人志(56)も思わず「それはすごいね…」とツッコミ。

 ウエンツは「深夜2時ぐらいになって、斗真はその時も、菜名ちゃんといたので、やけに菜名ちゃんがやって来るなと思ったんです」と清野がフレームインを何度もしてきたといい、「全部の話がまとまった時に『ちょっと報告あります。結婚しました!』って言われて、俺と岡田で『マジ、言ってよ!』って。斗真も結構に酔っぱらって、もう寝るしかないみたいな感じで。でも、話も付き合ってくれて、菜名ちゃんも分かってたけど、3人がいろいろ考えているから『この日はいいよ』って言ってくれてたみたいで。記念すべき初日の夜だったので本当に申し訳ないことをしたな」と平謝りだった。

 そんな話を聞きながら、フリーアナウンサーの大橋未歩(41)は「2人の好感度が爆上がり。ウエンツくん空気読めよ、と清野さん側の気持ちになっちゃいました」とツッコミを入れ、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月7日のニュース