藤井七段の快挙に“ひふみん”も大興奮!「孫の成長を見守り続ける祖父の心境」

[ 2020年6月4日 23:00 ]

元将棋棋士でタレントの加藤一二三・九段

 かつて「天才棋士」と言われた“ひふみん”こと加藤一二三・九段(80)が4日、自身のツイッターを更新し、史上最年少でタイトル戦(棋王戦)挑戦権を手にした藤井聡太七段(17)に、喜びの声を上げた。

 加藤九段は「藤井聡太七段。歴史的快挙の達成、心からおめでとう!!!!!!!」と、「!」マークを7つも連打。「運命のデビュー戦の対戦相手だった身としては、もはや、孫の成長を見守り続ける祖父の心境か。いや、そんなおこがましいことは申しません。ただ、デビュー戦を眼にすることなくこの世を去った聡太さんのお祖父様は、いま天国から感慨無量の想いで、この快挙に眼を滲(にじ)ませておられるのではないかと思う」と、藤井七段の祖父の気持ちを慮るように、喜びを表現した。

 「神武以来の天才」とも言われた加藤九段は、「中学生プロ棋士」第1号でもあり、藤井七段の“先輩”。また藤井七段のデビュー戦(16年の竜王戦予選)の相手が加藤九段でもあり、このとき藤井七段(当時、四段)が14歳5カ月で勝利を挙げ、最年少記録を達成した。そのときを思い出した加藤九段は「遠い昔のことのようでもあり、ついこの間のことのようでもある。でも間違いなく、あの日からすべてが始まったのだとおもうと、改めて感慨深いものがあります。藤井聡太物語のプロローグに当事者として存在できたことは、現役時代の最晩年に神から与えられた人生の尊い贈り物だったのかも知れません」と、しみじみ語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月4日のニュース