大林宣彦監督、コロナ禍で延期の遺作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」が7・31公開決定

[ 2020年6月4日 08:00 ]

大林宣彦監督

 肺がんのため4月10日に亡くなった映画監督、大林宣彦さん(享年82)の遺作となった映画「海辺の映画館 キネマの玉手箱」が、7月31日に公開されることが4日、発表された。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、公開が延期されていた。

 
 故郷・広島県尾道市を舞台にした「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の“尾道三部作”などで知られる大林監督。劇場公開映画第44作目「海辺の映画館 キネマの玉手箱」は当初、4月10日に公開予定だった。くしくもその日に、大林監督は天国へと旅立った。

 今作は20年ぶりに尾道市をメインロケ地にしたことでも話題に。戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと、様々な映画表現で展開していく作品だ。娯楽作でありながら、底辺に流れるのは「戦争」に対する辛辣なメッセージ、それに打ち勝てるのは「映画」であると力強く訴えかけている。

 メインキャストとして、銀幕の世界へタイムリープする3人の若い男を、厚木拓郎(30)、細山田隆人(35)、細田善彦(32)が演じ、3人の男たちそれぞれの運命のヒロインを、映画初出演となる吉田玲(18)、大林組初参加の成海璃子(27)、山崎紘菜(26)が担当。物語の核となる移動劇団「桜隊」の看板女優役は常盤貴子(48)が熱演している。

 今月2日、TOHOシネマズ株式会社が東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県の23劇場の営業を5日から再開すると発表したばかり。このほど、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」も7月31日からTOHOシネマズシャンテ他、全国で公開されることが決まった。

 「ねぇ、映画で僕らの未来変えてみようよ―」。大林監督が直筆で寄せた作品に関する“最後のメッセージ”に注目だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月4日のニュース