カラテカ入江 1年ぶりツイッターで「真摯に仕事に励んでまいる所存」解雇後は清掃業アルバイトも

[ 2020年6月4日 12:18 ]

「カラテカ」の入江慎也
Photo By スポニチ

 特殊詐欺グループとの間で闇営業を仲介したとして昨年、吉本興業を契約解除となったカラテカ入江慎也(43)が4日、自身のツイッターを約1年ぶりに更新、近況を伝えた。

 昨年6月7日以来の投稿。「新型コロナウイルス感染症で世界が困難な状況にある中で、私自身に関するご報告をさせて頂きまして大変恐縮です」と書き出し、「私の不徳の致すところにより、御世話になってきた関係者の皆様、吉本興業、先輩、同期、後輩に多大なるご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございませんでした」とツイート。

 「私は、吉本興業を解雇になった後、清掃業のアルバイトをしてきました。この経験を自分の会社に活かし、引き続き、真摯に仕事に励んでまいる所存です」と報告し、「これまで頂戴したご意見はもとより、今後も皆様からのご意見を謙虚に受け止め、もう二度と同じ過ちを繰り返さないように、しっかりと歩んでいきたいと思います」と結んだ。

 闇営業問題を受けて吉本興業は、昨年6月4日付で入江との契約を解消。その後、入江はツイッターに文書を掲載し「世間をお騒がせし、ご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。この状況を真摯に受け止め、反省しております」などと謝罪していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月4日のニュース