「福島美少女図鑑」で唯一無二の存在!エリー「母が喜多方、父が下郷町の“ハーフ”です」

[ 2020年6月4日 06:30 ]

笑顔を見せるエリー
Photo By スポニチ

 年齢関係なく福島県内の美少女を発掘するフリーマガジン「福島美少女図鑑」。同誌の人気モデルを紹介する第9回は喜多方市出身のエリー(25)。美少女図鑑を良い意味で壊す存在となる。

 エリー(25)は「福島美少女図鑑」では唯一無二の存在。派手な洋服を好み、髪も奇抜なカラーにチャレンジするなど、お色気たっぷり。「他の子にない部分で勝負したい。良い意味で美少女図鑑を壊せたら」。他のモデルと一線を引き、エリーだけの世界観をつくる。

 名前からも外国人とよく間違えられるが、生粋の福島美人。「母が喜多方、父が下郷町の“ハーフ”です」と笑う。ハーフのような顔立ちでも、雪のような透き通る肌がエリーの「和」の美しさを引き出している。「会津のPRなどをやっていきたい。顔がハーフっぽいので、外国人向けのインバウンドなどに役立てれば」と浴衣姿も奇麗だ。

 妹の芳賀眞結子も同じ事務所に所属しており、美人姉妹としても活躍する。「実は私、とても臆病なところがある。言いたいことを言えなかったりする。でも内気だからこそ、やれることもある。インスタなどもっと自分を発信していきたい」。自分を壊すことなく、エリーが美少女図鑑を壊していく。(近藤 大暉)

 ◆エリー 1995年(平7)4月29日生まれ、喜多方市出身の25歳。18年から事務所に所属。ダイハツ福島のCMや、東山温泉のPR動画などにも出演。好きなスポーツはバレーボール。猫好きで、K―POPをよく聴く。1メートル55。

 ▽福島美少女図鑑 二階堂ふみや桜井日奈子など数多くの有名タレントを発掘したフリーマガジン「美少女図鑑」の福島版。15年12月に創刊し、県内で年2回、各2万部を発行する。3月には第9号が刊行された。県内最多の150人以上のモデルが所属する「アンドビープロダクション」が運営し、発刊する。4月にはYouTubeで「福島美少女図鑑ちゃんねる」が開設された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月4日のニュース